臨床心理学の扉を開く

「臨床心理学の扉を開く」は心理学を専門とする長谷川明弘(東洋英和女学院大学)が運営しているWEBです。

ニュース

2019年春までの業績のタイトルを追記しました。概要などは、随時入力していきます。

【論文】
◆長谷川明弘 臨床心理学を学ぶ「その4」:心理学における研究法と統計法-主に基礎知識を整理する-,2019, 東洋英和女学院大学心理相談室紀要22巻, pp.72-85. 2019年3月31日
◆町田小織・酒井郷平・長谷川明弘 初年次必修科目「キャリア設計Ⅰ」のプログラム評価と潜在的要望の可視化への試み-質問紙調査のクラスタ分析とテキストマイニングを通して-,2019,東洋英和女学院大学 人文・社会科学論集第36号(2018年度),pp.53-74. 2019年3月31日
◆長谷川明弘 ブリーフセラピーのケースフォーミュレーション=オンゴーイング・アセスメント-初回面接の逐語録を提示して-,2019,林直樹・下⼭晴彦+精神療法編集部,精神療法 増刊第6号「ケースフォーミュレーションと精神療法の展開」 pp.211-223.
◆林直樹・下山晴彦・伊藤絵美・長谷川明弘・平林直次 座談会「ケースフォーミュレーションと精神療法の進展」,2019,林直樹・下⼭晴彦+精神療法編集部,精神療法 増刊第6号「ケースフォーミュレーションと精神療法の展開」,pp.234-262.

【専門書】
◆長谷川明弘 催眠法〔第3 章介入技法2 各種技法C.その他の心理療法2)〕,下山晴彦(編集主幹) 伊藤絵美・黒田美保・鈴木伸一・松田修(編集) 2019 公認心理師技法ガイド-臨床の場で役立つエビデンス・ベイスト・プラクティス- ,p435-443 東京・文光堂.2019 年3 月22 日発行(全877 頁)

◆岡本浩一・長谷川明弘 (編) パワハラ・トラウマに対する短期心理療法(ブリーフサイコセラピー)-ブリーフセラピー・臨床動作法・NLPの理論と実際 2019 ,神奈川・春風社.2019年3月28日

【口頭発表】
◆山口征浩・長谷川明弘・松村雅代・島田光・荒木健治 2018 VRを用いた心理影響増進手法と催眠感受性の関連について 日本VR心理学研究会(第32回)  福岡/北九州市立大学 小倉サテライトキャンパス 2018.12.14) 映像情報メディア学会技術報告 (テレビジョン学会技術報告) Vol.42 No.43,pp15-18

2018年11月23日から25日に開催する日本催眠医学心理学会第64回大会の開催情報を掲載しました。

2018年11月23日から25日に開催する日本催眠医学心理学会第64回大会の情報を掲載しました。

6月1日から受付を開始しました(ここをクリックすると直接申込フオームへ)。

日本催眠医学心理学会第64回大会の概要

○ 大会テーマ:Renaissance (ルネサンス)
○ 会期:平成30年11月23日(金・祝) ~ 11月25日(日)
○ 会場:東洋英和女学院大学六本木校地

生きがい Ikigai に関するページを追加しました

生きがいに関して、海外から問い合わせもあり、注目されていてるようですので、論文をひとまとめにしたページを構築しました。

まだ作成中ですが、合間をぬって要約を英訳しておきます。

 

下記からページへリンクしてます。Click below Academic papers about Ikigai

生きがい Ikigai

先回の更新から2017年3月末までの業績を3点追加

◆専門書
長谷川明弘 トラウマに対する臨床動作法 岡本浩一・角藤比呂志(編) 2017 新時代のやさしいトラウマ治療-NLP,マインドフルネス・トレーニング、EFT、EMDR、動作法への招待- ,pp161-226, 神奈川・春風社.2017年3月30日発行(全358頁)

◆紀要論文
長谷川明弘 臨床心理学を学ぶ「その2」:精神医学などの基礎知識-症状に注目して-,2017, 東洋英和女学院大学心理相談室紀要20巻, p61-70. 2017年3月31日
長谷川明弘 適切な研究遂行と最適な臨床実践のための手引き-倫理教育とknowledge management - 2017 東洋英和女学院大学大学院人間科学研究科(編)「人間科学研究の手引き」 pp35-42,:2017年3月21日