臨床心理学の扉を開く

「臨床心理学の扉を開く」は心理学を専門とする長谷川明弘(東洋英和女学院大学)が運営しているWEBです。

j0117ブリーフセラピーの学びをどのように臨床現場で活かしていくのか

相模健人・長谷川明弘・石丸雅貴・増尾佐緒里 ブリーフセラピーの学びをどのように臨床現場で活かしていくのか 2017,ブリーフサイコセラピー研究,26巻2号, p35-41 2018年3月31日

  • 本論文では,2人の指導者と,2人の学習者によってブリーフセラピーの学びがどのように発展されたのかを明らかにすることを目的とした。指導者の視点からは,「チームアプローチ」と「臨場感を伴った研修・訓練」を通してどのようにブリーフセラピーを教えているのかについて説明した。学習者の視点からは,現場でどう知識や技法を活かしているかについて説明した。まず,経験年数5年の臨床心理士が「クライアントが専門家」についての捉え方の変化を紹介した。更に経験年数10年の臨床心理士がチームの中でどのようにブリーフセラピーを活かしているのかを紹介した。指導者は必要に応じて様々な工夫を行っていること,そして,学習者には臨床活動の中で以下の4点が必要であることを議論した。①ブリーフセラピーを学んだ経験を活かすこと。②ブリーフセラピーの技法にとらわれないこと。③クライアントと創造的に関わること。④3つを臨床実践の中で応用すること。
  • キーワード:ブリーフセラピー,指導者,臨床心理士

How have we been using the wisdom of brief therapy in practice?

Takehito SAGAMI 1), Akihiro HASEGAWA 2), Masaki ISHIMARU 3), Saori MASUO4)

1)Faculty of Education, Ehime University

2)Faculty of Human Sciences, Toyo Eiwa University

3)Aki Clinic

4)Department of Psychosomatic Internal Medicine, Japanese Red Cross Kobe Hospital

ABSTRUCT

  • The purpose of this paper was to clarify how the wisdom of brief therapy was developed by two senior and two junior colleagues. From the senior colleagues’ perspective, they explained how they had been teaching students wisdom through “team approach” and “lively training or practices.” From the junior colleagues’ perspective, they explained how wisdom was used in practice. First, one clinical psychotherapist with five years of experience explained a process of modification with “the clients as expert.” Second, another clinical psychotherapist with 10 years of experience explained how to apply brief therapy to teams. We discussed that senior colleagues had made all kinds of effort as needed, and junior colleagues needed to maintain the following four points in practice: (1) utilize experience learning brief therapy’s wisdom, (2) not fixate on skills, (3) be creatively involved with clients, and (4)put (1), (2), and (3) into practice.
  • Keywords:brief therapy, senior colleague, clinical psychologist
  • Japanese Journal of Brief Psychotherapy 2017, Vol. 26, No. 2, 35–41.
 
論文をダウンロードするAdobe Reader(無料)が必要です) Please Click ,then this paper(in Japanese) download or https://www.jstage.jst.go.jp/article/jabp/26/2/26_260201/_pdf/-char/ja