臨床心理学の扉を開く

「臨床心理学の扉を開く」は心理学を専門とする長谷川明弘(東洋英和女学院大学)が運営しているWEBです。

e0111ブリーフセラピーははその起源にもどるだろう

長谷川明弘 (2001) ブリーフセラピーはその起源に戻るだろう-ステファン・ランクトン氏のワークショップに参加して,ブリーフネット 第4号,pp21-24:ブリーフセラピーネットワークジャパン 2001年2月1日

  • 概要:ブリーフセラピーはクライエントの解決課題の原因追及をしないという精神を持ってきた。けれども事例報告ではクライエントの何がどうなって、次に変わっていったのかという経過から何が効いたのかといった因果関係を明確にする必要がある。 ブリーフセラピーに関心を持ち実践している仲間が増えたので共同でメタ分析的なリサーチを行い、新しいものを創造したい(これはブリーフセラピーの優位性を探るのではなく心理療法全般についてのリサーチにつなげたい) このようなアイデアや危惧(?)がランクトン氏のワークショップ参加から触発された
  • 備考:ブリーフセラピーネットワークジャパンについては、こちら(※準備中)を参照して下さい。
論文をダウンロードするAdobe Reader(無料)が必要です)