臨床心理学の扉を開く

「臨床心理学の扉を開く」は心理学を専門とする長谷川明弘(東洋英和女学院大学)が運営しているWEBです。

研究室紹介

研究室  Laboratory

  • 修士課程(論文指導)
    • 2015年3月修了生 論文題目
      • 関口陽子 心理的距離に関する一考察-心理的距離尺度の作成および「雲つくり」の効果検討-
      • 夏目富美子 中年期の危機に関する研究- 中年期における「現実自己」と「理想自己」のギャップと「自己の有限性におけるアイデンティティの再構築」に注目して –
    • 2016年3月修了生 論文題目
      • さがらかな スクールカウンセラーによる教師への有効的な支援の可能性
    • 2017年3月修了生 論文題目
      • 朝野晃司  職場で共に働きやすい上司像の検討-心にゆとりを持って働き続けるために-
      • 村山敏彦 職場におけるいじめ認知への影響要因に関する検討-個人要因と組織要因の観点から-
      • 他1名 多職種協働で心理職が直面する問題に関する質的研究
    • 2018年3月修了生 論文題目
      • 多田美和  高齢者介護職員に対する心理支援の可能性
    • 2018年度9月修了生 論文題目
      • 記内杏奈  青年期後期における女性の精神的自立-母子関係に注目して-
    • 2018年度3月修了生 論文題目
      • 浅見真梨  クラシック音楽の聴取体験が心理的ストレスに及ぼす影響 -長調と短調の比較による検討-
      • D.M.  音楽演奏不安尺度作成の試み
    • 2018年度入学生 研究テーマ
      • 大澤晴子 ポジティブに働く日本人労働者モデル―日本人らしさとワーク・エンゲイジメントに注目して―(仮)
      • 島田果歩 自伝的記憶に意味づける傾向と被援助指向性および自己内省との関連(仮)
      • 武居将志 催眠における観念運動と視覚・聴覚を用いた催眠誘導法の比較(仮)
    • 2019年度入学生 研究テーマ
      • 大場 黎 動作法・催眠を取り上げてスポーツ選手のメンタルに関連する研究(仮)
      • 清水奈緒子 職場内において精神疾患を生じさせる認知~正規・非正規雇用者の比較(仮)
      • 小林彩子 知的障害福祉サービス従事者が利用者の生きがいに向ける意識とその支援を行う際の心理的プロセスに関する検討(仮)
      • 高木 杏奈 臨床動作法などを用いた0次予防に関するプログラム効果研究(仮)
  • 学部生